連覇狙う南筑、決勝進出 金鷲旗柔道女子

【女子5回戦・南筑-富士学苑】黒田(富士学苑・下)を抑え技で攻める素根(南筑)
【女子5回戦・南筑-富士学苑】黒田(富士学苑・下)を抑え技で攻める素根(南筑)
写真を見る

 平成30(2018)年度金鷲旗高校柔道大会第3日は23日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の5回戦以降があり、連覇を狙う南筑(福岡)は、大黒柱の素根輝選手が準決勝で夙川学院(兵庫)を5人抜きで破って決勝進出。敬愛(福岡)は準決勝で大成(愛知)に敗れた。

 南筑の準決勝は、昨年の決勝で素根選手が5人抜きして、優勝を決めたのと同じ対戦相手だった。

 男子は午前中に2回戦の残りがあり、福岡県勢はシード校の福岡大大濠のほか、福岡舞鶴、沖学園、北筑、香椎、南筑、嘉穂などが3回戦に進出した。女子の決勝終了後、男子の3回戦がある。男子決勝は24日。

=2018/07/23付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]