南筑、連覇 副将・素根3人抜き 大成下す 金鷲旗女子柔道

写真を見る

 平成30(2018)年度金鷲旗高校柔道大会第3日は23日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の決勝があり、ノーシードから勝ち上がった南筑(福岡)が大成(愛知)を破って2年連続2度目の優勝を果たした。

 南筑は副将を務めたエースの素根輝(3年)が大活躍。春の全国選手権で4強入りした大成にリードを許す展開で登場して相手の中堅、副将、大将に一本勝ち、3人を抜いて2連覇を達成した。全国選手権を制した夙川学院(兵庫)との準決勝では、大将に座った昨年の決勝に続いて逆転の5人抜き。全日本選抜体重別選手権78キロ超級で2連覇し、体重無差別で争う全日本女子選手権で優勝した力を見せ、拍手と歓声に包まれた。

 大成は準優勝。敬愛(福岡)と夙川学院が3位に入った。

=2018/07/23 西日本スポーツ号外=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]