大牟田、決勝届かず涙 西短付は準々決勝で善戦

金鷲旗男子で3位に入り、場内を行進する大牟田の選手たち
金鷲旗男子で3位に入り、場内を行進する大牟田の選手たち
写真を見る
県高体連南部ブロック柔道専門委員長の杉野健次郎さん
県高体連南部ブロック柔道専門委員長の杉野健次郎さん
写真を見る

 金鷲旗高校柔道大会で、筑後勢は最終日の24日、大牟田が3位と好成績を収めた。準決勝で強豪天理(奈良)と対戦し、リードを許しながらも大将同士の闘いに持ち込み、粘り強さを見せた。前回4回戦で姿を消した西日本短大付は初のベスト8入り。準々決勝で、優勝した国士舘(東京)から2勝をもぎ取り、存在感を示した。南筑は沖学園との福岡対決で、延長戦の末に惜敗した。

    ◇      ◇

【大会を顧みて】地区のレベルの高さ示した 県高体連南部ブロック柔道専門委員長の杉野健次郎さん

 女子の南筑が2連覇を遂げたのは素晴らしいこと。素根輝選手はもちろん、全員が力を出した勝利をたたえたい。素根選手は国際大会でも活躍が期待される。

 男子の大牟田は3位。九州チャンピオン(全九州高校大会団体優勝)としてしぶとく闘い、来年につながる内容だった。加えて西日本短大付の8強も喜ばしい。昨年夏の九州豪雨での被災やけがを乗り越えた佐々木大将選手と、実力者の安部光太選手を中心に頑張った。(筑後を含む)南部地区から複数校が8強入りするのは珍しい。地区のレベルの高さを示した。

 地元出身者が地元で育ち、結果を出すのは誇れること。各校とも切磋琢磨(せっさたくま)して指導し、その競争の中から生まれた優勝と3位だ。素根選手のように恵まれた体格とパワーがある選手はまだ少ない。あと一つ二つ上を目指すには、体格差を克服する体力、技術を一層探求しなくてはいけない。 (談)

=2018/07/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]