柳ケ浦8強ならず 大将同士あと一歩 国東は5回戦で涙

【男子4回戦・明桜館‐国東】明桜館の小川から一本勝ちする国東の滝石
【男子4回戦・明桜館‐国東】明桜館の小川から一本勝ちする国東の滝石
写真を見る
県柔道連盟強化委員長の田川晋治さん
県柔道連盟強化委員長の田川晋治さん
写真を見る

 金鷲旗高校柔道大会(九州柔道協会、西日本新聞社主催)は最終日の24日、男子の4回戦から決勝までが行われた。県勢で唯一、16強入りした柳ケ浦は6回戦で強豪福岡大大濠と対戦。大将同士の延長戦にもつれ込んだ末に惜敗した。柳ケ浦は5大会ぶりの16強入りだったが、服部竜也主将(3年)は「先鋒の自分が1人でも抜けば流れは違った。悔しい」と唇をかんだ。「インターハイ(全国高校総体)までに練習し直し、日本一を目指して頑張りたい」と力を込めた。

 国東は5回戦で、東九州龍谷は4回戦でそれぞれ敗れた。

    ◇      ◇

【大会を振り返って】男子3校の健闘光る 県柔道連盟強化委員長の田川晋治さん

 県勢の男子は、16強に進出した柳ケ浦をはじめ、国東、東九州龍谷の健闘が光った。3校ともしっかりと組んで戦うことを徹底しており、体格的ハンディを見事にはねのけた。他の県内チームの手本となる戦い方で、ぜひ参考にしてもらいたい。一方で、3校にはさらなる組み手の技術向上に努めてほしい。来年に向けての期待も膨らんだ。5回戦進出を果たした強豪国東は2年生が主体であり、飛躍が非常に楽しみだ。

 女子は大分西を除き、2回戦までにすべて敗退してしまった。今年の新入部員も少なく危機感は強い。中学では全国に通用する選手も多いが、県外の有力校に引き抜かれてしまっている。県柔道連盟としても、女子の裾野を広げるとともに、地元の高校で続けてもらえる仕組み作りを考えてきたい。

=2018/07/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]