「粘りの野球まず1勝」 日田林工ナイン 知事に活躍誓う

0726oita.jpg 8月2日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権記念大会に県代表として出場する日田林工ナインが25日、あいさつのため県庁に広瀬勝貞知事を訪れ、大舞台での活躍を誓った。

 松尾弘喜主将が「粘りのある野球でまず1勝。1つでも多く勝てるよう頑張ってきます」と決意表明。広瀬知事は「地元の日田のみなさんも喜んでいると思います。甲子園では自信を持って、平常心で勝ち抜いてください」と激励、選手一人一人と握手をかわした。

 またこの日、日田林工の選手たちには、JA全農おおいたから甲子園での健闘を祈って、豊後牛20キロと県産のカボスとナシジュース、茶、20ケース(約500本)が贈られた。牛肉は、選手たちの下宿先に「世話になっているお礼」としておすそ分けし、ジュースは練習時に飲むという。

 選手たちは29日、JR日田駅を出発する。大会5日目の第3試合に登場するが、対戦相手は決まっていない。

【写真】全国高校野球選手権記念大会出場のあいさつで、広瀬勝貞知事と握手をかわす日田林工の選手

=2008/07/26付 西日本新聞朝刊=

【日田林工(大分)関連記事】

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]