【連載】起こせ!林工旋風 ’08夏の甲子園<下>意気込む18選手の横顔

 全国高校野球選手権大会は2日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。9年ぶり4度目の出場を決めた日田林工は、大会5日目(6日)の第3試合で大阪桐蔭(北大阪)と対戦する予定。大分大会では、安定感のある継投策と堅実な守備、2アウトから点を取る粘り強い攻撃を見せつけたナイン。甲子園でも、林工旋風を起こせるか。18人の選手たちを紹介する。

    ×      ×
 < >内の数字は背番号。(1)学年(2)出身中学(3)身長、体重(4)投、打(5)監督評(6)ひと言

 <1>末次群投手(1)3年(2)浮羽(3)180センチ、74キロ(4)右、右(5)長打力はチーム1。投打でナインを引っ張る(6)甲子園で投げるのが楽しみ。どれだけ自分が通用するか試したい。打たれるのを怖がらずに強気で攻め、まずは1勝したい。

 <2>三浦健太捕手(1)3年(2)三重(3)175センチ、70キロ(4)右、右(5)強肩。積極的に攻撃を仕掛ければヒットも出やすい(6)厳しい試合を何度も経験してきたので、接戦に持ち込めば負けない自信がある。投手をうまくリードし、粘りのある野球をしたい。

 <3>野上康平一塁手(1)1年(2)中間東(3)179センチ、76キロ(4)右、左(5)1年生ながら打撃には非凡なセンスを感じさせる(6)あこがれの舞台で思い切ってプレーしたい。打撃では、追い込まれる前に直球に的を絞って打ち、守備ではしっかり前に出たい。

 <4>江田大介二塁手(1)3年(2)日田南部(3)165センチ、60キロ(4)右、左(5)内野の要で俊足。しぶとく打球を転がして内野安打を狙う(6)練習中にけがした手を早く治して試合に出たい。みんなと長く野球がしたいので、1つでも多く勝ちたい。

 <5>松尾弘喜三塁手=主将(1)3年(2)日田三隈(3)172センチ、70キロ(4)右、右(5)打撃の中心選手。好機に打つことができればつながって大量得点になりやすい(6)大会を前にチームの雰囲気は盛り上がっている。僕たちの持ち味の粘りの野球を見せたい。

 <6>梛野啓介遊撃手(1)2年(2)明豊(3)154センチ、50キロ(4)右、右(5)小柄だがパワーがあり、俊足でバントもうまい(6)相手の油断やすきを狙ってヒットを打ちたい。ミスのない守備でチームを盛り上げ、1試合1試合粘り強く戦っていきたい。

 <7>横尾昌紀左翼手(1)3年(2)日田三隈(3)164センチ、63キロ(4)右、右(5)精神的に安定している外野手(6)あこがれの場所で戦えるのでわくわくしている。初戦の相手は強いが、油断しているすきを狙う。とにかく塁に出て次につなぐプレーをしたい。

 <8>蒲池明倫中堅手(1)3年(2)日田三隈(3)164センチ、57キロ(4)右、右(5)打球が良く飛び、本塁打も期待できる(6)大分大会では安打が出ず苦しんだが、「楽しもう」と気持ちを切り替えたら打てた。甲子園でも楽しむことを忘れずプレーしたい。

 <9>立川政樹右翼手(1)3年(2)王子(3)169センチ、69キロ(4)右、右(5)長打力があり、バットコントロールもよく粘り強い(6)大分大会では調子に波があり、プレーに影響してしまった。ウオーミングアップなど試合前から気合を入れて臨みたい。

 <10>太田尾郁弥投手(1)3年(2)日田南部(3)173センチ、60キロ(4)右、右(5)やや変則の横手投げ、直球はMAX138キロ(6)どんな相手であろうと自分の野球をするだけ。楽しんで思い切り投げたい。最近は腕がよく振れているので、全力を出し切りたい。

 <11>浦塚翔太投手(1)2年(2)戸山(3)172センチ、65キロ(4)右、右(5)右オーバースローから勢いのあるボールを投げる(6)投げる場面がきたら、思い切りよく腕を振ることを心掛ける。コントロールに注意し、みんなで楽しむ野球を目指したい。

 <12>平塚琢刀内野手(1)3年(2)日田北部(3)175センチ、60キロ(4)右、左(5)バットコントロールはチーム1。左右問わず安打を製造(6)バッターボックスに入れば監督の期待に応えられるよう頑張る。初球から積極的に打ち、相手を威圧していきたい。

 <13>宗野剣士内野手(1)2年(2)城東(3)168センチ、55キロ(4)右、右(5)内野ならどこでもこなす器用な選手(6)グラウンドに入ったらかれるまで声を出し切り、チームを盛り上げたい。ほかの選手に負けないよう、練習通り基本に忠実なプレーをしたい。

 <14>山部裕臣内野手(1)1年(2)一の宮(3)174センチ、68キロ(4)右、右(5)堅実な守備とパワフルな打撃が持ち味(6)とにかく声を出し、チームの足を引っ張らないようプレーしたい。ベンチに入れなかった先輩たちの分までしっかり頑張りたい。

 <15>釘宮和也外野手(1)3年(2)大野(3)173センチ、60キロ(4)右、右(5)打撃フォームは無理がなくきれい(6)大分大会とは違って全国の強豪が相手なので、受け身に回らず攻めていきたい。思い切ったプレーをして、幼いころからの夢の舞台を楽しみたい。

 <16>山田貴裕外野手(1)2年(2)玖珠(3)168センチ、62キロ(4)右、左(5)俊足で、長打も期待できる左バッター(6)先輩たちの足を引っ張らないよう、自分が出来ることを一生懸命やりたい。50メートル走6秒の足を生かし、走塁や守備で活躍したい。

 <17>岩崎翔外野手(1)3年(2)日田北部(3)165センチ、57キロ(4)右、右(5)バットスイングの速さはチーム1。三塁ランナーコーチとしても頑張る(6)甲子園は簡単に行ける場所じゃないので、思い切り楽しみたい。声を出してチームを盛り上げたい。

 <18>高瀬広喜捕手(1)3年(2)日田三隈(3)176センチ、76キロ(4)右、右(5)生徒会長も務めるチームのムードメーカー(6)ブルペンキャッチャーとして、マウンドに立つ前に投手の気持ちを奮い立たせたい。ベンチを盛り上げ、チームの士気を高めたい。

=2008/08/01付 西日本新聞朝刊=

【日田林工(大分)関連記事】

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]