九国大付 投打に威力 持ち味発揮し頂点

koushien090729_05.jpg
 春日公園野球場(春日市)で28日にあった第91回全国高校野球選手権福岡大会の決勝戦。筑陽学園を9-0で下した九国大付が、出場133チームの頂点に立った。県大会に入り3試合で8本塁打、22得点を挙げていた打線は、この日も前半に2本塁打を放ち自慢の長打力を発揮。投げては、エース左腕納富が被安打3で筑陽学園に点を与えなかった。大会前に優勝候補筆頭と目された九国大付が、大一番でもその実力を見せた。

>> 続きを読む

【福岡大会関連記事】


西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]