九国大付など県大会へ 北部8校出そろう

090715_fuku.jpg 第91回全国高校野球選手権福岡北部大会は14日、北九州市民球場(小倉北区)など2球場で3回戦4試合があり、北部大会の全日程が終了した。春の九州大会覇者・九国大付は、先発吉岡、2番手納富が高稜打線から計11三振を奪う力投を見せ、順当に県大会出場を決めた。1回戦でシード小倉を破った希望が丘は延長12回の熱戦を制し、戸畑、飯塚のシード2校とともに県大会へ駒を進めた。

>> 続きを読む

【北部大会関連記事】


西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]