長崎日大 夢舞台へ 高尾選手、不調を克服 殊勲の「2発」

 昨夏の新チーム発足後、金城孝夫監督から「甲子園で4強入りした2年前のチームと似ている」と言われながら、タイトルからは遠かった。そんなチームが、最も欲しかった甲子園への切符を手にした。2本の本塁打と二塁打で5打点の活躍で優勝の立役者となった高尾宗一郎選手(2年)は「最高です」と真っ白な歯を見せた。

>> 続きを読む

【長崎大会関連記事】


西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]