健闘たたえ拍手やまず 長崎日大の夏終わる

2010年08月15日 10:01

 あと1点に泣いた-。夏の甲子園大会に出場している県代表の長崎日大は14日、佐賀学園に2-3で惜敗した。初回に2点を先制したが、二回に逆転を許す展開。1点差のまま、得点圏に走者を進めながらも、あと一打が出なかった。逆転を信じ、声援を送り続けたアルプス席。「よくやった」「胸を張って帰ろう」。ゲームセットを告げるサイレンが響く中、甲子園の土でユニホームを真っ黒にしたナインの頑張りをねぎらう拍手が起こった。

>> 続きを読む

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]