九国大付(福岡)12三振、早すぎる終幕 全国高校野球選手権

初戦敗退し、肩を落とす九州国際大付の選手たち

 V候補が散った-。第96回全国高校野球選手権大会第4日は14日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、九州国際大付(福岡)は東海大四(南北海道)に1-6で敗れ、前回出場した2011年夏に続いて初戦敗退に終わった。相手エースの緩急投法に自慢の強力打線が12三振を奪われるなど不発。6回に3番古沢勝吾(3年)と4番清水優心(同)の連続二塁打で1点を返したのが唯一の見せ場となった。若生正広監督(63)はこの試合を最後に退任。後任の楠城徹新監督(63)の指揮の下で、再び甲子園を目指す。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]