【東筑 21年ぶりの甲子園】<下>力出し切り つかめ栄冠

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で7日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会。4日に組み合わせ抽選会があり、県代表の東筑高も初戦の対戦相手が決まる。ベンチ入りする選手と監督に、甲子園での目標や抱負を聞いた。

 (【 】内の数字は背番号、名前右は学年、出身中の順、敬称略)

 ●監督 青野 浩彦(あおの ひろひこ)(57)
 攻守のバランスが良いチームになった。「考える野球」がテーマ。普段通りのプレーを心掛けたい。

 【1】石田 旭昇(いしだ あきのり) (2年) 鞍手
 春から制球力を高め、打たせて取る投球に切り替えた。テンポの良い投球で攻撃をもり立てたい。

 【2】北村 謙介(きたむら けんすけ) (2年)福間東
 甲子園では石田投手の打たせて取るピッチングの良さを引き出して勝利したい。

 【3】水上 尚(みずかみ なお) (3年) 折尾
 好機でもピンチでも、チームに勇気を与えられるような一本を打ち、勝利に貢献したい。

 【4】田中 将悟(たなか しょうご)(2年)永犬丸
 50メートルを6・2秒。この走力を生かす練習をしてきた。ピンチの場面でも確実に守りきりたい。

 【5】坂口 慶太(さかぐち けいた) (3年) 沖田
 ボール球を振らないようにしている。甲子園では全打席でヒットを打つつもりで戦う。

 【6】安部 滉平(あべ こうへい) (3年) 遠賀
 主将としてチームを統率する。鍛えた打撃で得点し、取れるアウトはしっかり取って勝利したい。

 【7】盛田 秀(もりた しゅう)(3年)鞍手北
 ストライクは積極的に振る。プレーを通してチームを盛り上げ、甲子園でも勝ちたい。

 【8】阿部 泰晟(あべ たいせい)(2年)上津役
 どんな球でも当てることができる持ち味を生かして、3年生の力になるようなプレーがしたい。

 【9】菊池 聡太(きくち そうた) (2年) 浅川
 打撃力を生かし、甲子園でも得点に絡みたい。練習を積み、長打にも自信がある。

 【10】山本 悠可(やまもと ゆうが) (3年)宮若東
 春から制球を重視してきた。継投してもチームの勢いが落ちないように投げたい。

 【11】小田 貴一(おだ きいち) (3年)福間東
 バントが得意。甲子園では、守備でも勢いを付け、チームの勝利につなげたい。

 【12】野口 皓生(のぐち こうき) (2年)枝光台
 長打に自信がある。甲子園ではその打撃力を生かしてチームを盛り上げていきたい。

 【13】石橋 和希(いしばし かずき) (3年) 福間
 県大会では三塁コーチを務めた。甲子園でも正確な判断で、得点につなげていきたい。

 【14】別府洸太朗(べっぷこうたろう)(3年)飯塚第一
 ヒットで出塁して、50メートルを6・5秒で走る力を生かして勝利につなげたい。

 【15】山田 航(やまだ わたる)(3年)水巻南
 1点を取らなければならない大事な場面の代走で、ホームに絶対に生還したい。

 【16】竹下 瑞貴(たけした みずき) (3年) 則松
 試合に出ても出られなくても、石田投手に声を掛けてサポートし、勝利に貢献したい。

 【17】升田由太郎(ますだゆうたろう) (3年) 浅川
 県大会では出場できなかったが、甲子園ではマウンドに立ち、石田投手を助けたい。

 【18】新開 飛雅(しんかい ひゅうが) (3年) 引野
 県大会では、常にチームを盛り上げてきた。甲子園でも明るいベンチをつくりたい。


=2017/08/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]