東筑主将「失点、最少に」 甲子園初日の済美戦に意気込み

済美戦に向け健闘を誓う東筑ナイン
済美戦に向け健闘を誓う東筑ナイン
写真を見る

 第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が4日、大阪市で開かれ、県代表の東筑は大会初日の7日の第2試合(午後1時試合開始)で、愛媛県代表の済美と対戦することが決まった。

 抽選会では、安部滉平主将(3年)が開幕日の試合を引き当てると、選手たちは驚いた表情。青野浩彦監督(57)は「21年前も初日だった。県大会の勢いのまま臨む」と話し、安部主将は「試合がいつになっても大丈夫なように準備してきた。済美は打撃が強いと聞いたが、試合では最少失点に抑えたい」と意気込んだ。

 対戦する済美は4年ぶり5回目の出場。チーム打率4割の強力打線で、愛媛県大会決勝では20安打10得点で圧勝している。済美のエースで4番、八塚凌二主将(3年)は「東筑はきっちりと野球をするイメージ。少ないチャンスをものにしたい」と語った。

=2017/08/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]