シード久留米商、祐誠4回戦へ/南福岡

【久留米商-三井】7回、久留米商の護山の適時打で生還する三走小屋松と二走神代
【久留米商-三井】7回、久留米商の護山の適時打で生還する三走小屋松と二走神代
写真を見る

 第100回全国高校野球選手権の南福岡大会で12日、筑後勢は7校が登場した。シード校の久留米商は打線が爆発し、14-4で三井に八回コールド勝ち。祐誠は好機を確実に生かし、10-2で久留米学園を圧倒し、いずれも4回戦に勝ち上がった。夏の甲子園の出場経験もある柳川は4-8で香椎に敗れた。

 13日は8試合があり、筑後勢はシード校の西日本短大付など8校が臨む。

=2018/07/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]