城北逆転、19年ぶり1勝

8回2死二、三塁、左中間に勝ち越しの2点適時二塁打を放った城北・辻上

 第96回全国高校野球選手権大会第6日は16日、甲子園球場で2回戦4試合を行い、城北(熊本)が東海大望洋(千葉)に5-3で逆転勝ちし、19年ぶりに初戦を突破した。1点を追う八回にスクイズで追い付き、辻上明将(3年)の2点二塁打で勝ち越した。近江(滋賀)は鳴門(徳島)に8-0で完勝、7年ぶりに初戦を突破した。滋賀県勢は夏通算30勝。盛岡大付(岩手)は東海大相模(神奈川)に4-3で競り勝ち、8度目の出場で初勝利。1点を追う六回に3点を奪って、逆転した。八頭(鳥取)は春夏通じて初出場の角館(秋田)を6-1で破り、11年ぶりに初戦を突破した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]