第2シード九学も敗退 熊工はコールド勝ち

【芦北-阿蘇中央】5回裏2死一、三塁、芦北は8番松本の適時2塁打で2点追加。喜びながら生還する浜田
【芦北-阿蘇中央】5回裏2死一、三塁、芦北は8番松本の適時2塁打で2点追加。喜びながら生還する浜田
写真を見る

 第100回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は13日、県営八代球場(八代市)と山鹿市民球場(山鹿市)で2回戦6試合があった。

 第2シード九州学院は、東海大星翔に完封負け。第6シード八代東も、開新に延長戦で敗れた。12日には第1シード文徳も敗れ、2回戦は波乱の様相となっている。昨年の覇者秀岳館は人吉を下し、熊本工は昨夏3回戦で敗れた菊池にコールド勝ちした。芦北、東稜も3回戦へ駒を進めた。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]