九州学院まさかの2回戦敗退 甲子園遠く…エース田尻は涙/熊本

 3年ぶりの甲子園を狙った九州学院が零封負けで姿を消した。初回の先制機を逃し、その後も東海大熊本星翔の左腕山下から得点を奪えなかった。坂井監督は「前半の点を取るところで取り切れなかった」と悔しさをかみしめた。昨年まで2年連続で秀岳館に敗れ準優勝。昨夏の決勝は村上宗隆(ヤクルト)とのバッテリーで敗れたエース田尻は「去年から成長できなかった。勝ちに導けなくて申し訳ない」と涙をにじませた。

=2018/07/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]