がん闘病の母に届け…日南学園・奥野2安打 宮崎大会突破まで病状知らされず

3回無死、左翼線二塁打を放つ日南学園・奥野。右の写真は5回2死、丸亀城西・水野の飛球を好捕する奥野
3回無死、左翼線二塁打を放つ日南学園・奥野。右の写真は5回2死、丸亀城西・水野の飛球を好捕する奥野
写真を見る

 病室の母に贈る一打だった。0-0で迎えた3回。先頭の奥野が日南学園打線に火をつけた。左翼線を破る二塁打で出塁し、1番中原一颯(3年)の中前打で先制のホームイン。9回も左前打を放った8番打者はある言葉を思い出していた。

 「試合に集中しました。いつもお母さんに『目の前のことに集中して』と言われてきたので」。甲子園で胸にあったのは、がんで6年間の闘病生活を送る母ゆかりさん(54)の言葉。宮崎大会中に容体が急変し、一時は危篤状態に陥った。

 母の「野球に集中してほしい」という希望もあり、奥野に病状が伝えられたのは宮崎大会決勝の後。翌日、宮崎県都城市内の病院に駆け付け、準決勝の富島戦で打った本塁打のボールを届けると、静かに「頑張った」と2度うなずいた。

 出発前に「甲子園で暴れてくるね」と誓った息子の思いが届いたのか、母は奇跡的な回復を見せ、今では一般病棟に移るほどになった。母は午前中の試合をテレビ観戦した後、手術に臨んだ。

 アルプススタンドで声援を送った父の豊一朗さん(46)も30年前に宮崎南で甲子園に出場してベンチ入り。「(病状は)いい方に向かっています。病気と野球。家族全員で戦っています」。息子の活躍を見届けると、すぐに病院へ戻った。

=2018/08/09付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]