快音 病床の母へ届け 日南学園・奥野選手 先制導く二塁打

3回無死、左翼線二塁打を放ち、一塁へ走る日南学園の奥野選手
3回無死、左翼線二塁打を放ち、一塁へ走る日南学園の奥野選手
写真を見る

 病床の母に届け-。全国高校野球選手権で初戦を突破した日南学園(宮崎)の奥野竜也選手(3年)が、がんで6年間の闘病生活を送る母ゆかりさん(54)を励ます快音を奏でた。丸亀城西(香川)との1回戦で先制点の口火を切る二塁打など2安打。その胸には母の言葉があった。

 先頭打者で迎えた三回に左翼線二塁打。1番打者の適時打で先制のホームを踏んだ。この先制点で主導権を握るとエースが完封して2-0で快勝。「試合に集中していた。いつもお母さんに『目の前のことに集中しなさい』と言われてきたから」と振り返った。

 宮崎県都城市内の病院に入院中の母は、宮崎大会中に容体が急変。一時は危篤状態になった。「野球に集中してほしい」という希望もあり、奥野選手に病状が伝えられたのは宮崎大会決勝後。翌日に病院に駆け付け、準決勝の富島戦で打った本塁打のボールを手渡した。

 意識が戻り、人の判別ができるようになっていた母は動かせる左手でボールを握り「頑張った」と2度繰り返した。その後、一般病棟に移るほど驚異的な回復を見せた母に、息子は「甲子園で暴れてくるね」と約束。試合後は「きょうはテレビで見てくれている」とうれしそうに話した。

 母は甲子園の試合をテレビ観戦した後、午後から手術を受けた。「(病状は)いい方に向かっています。お医者さんからも息子の頑張りが一番効くと言われています。息子に勇気をもらいました」。アルプススタンドに駆け付けた父豊一朗さん(46)は、試合後はすぐに病院へ急いだ。

=2018/08/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]