鎮西、シード南山破る 佐世保実コールド勝ち 長崎西、逆転で16強

【清峰-長崎西】3回裏清峰1死二、三塁、5番山下の適時二塁打で生還した二走谷川(左)
【清峰-長崎西】3回裏清峰1死二、三塁、5番山下の適時二塁打で生還した二走谷川(左)
写真を見る

 第100回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は13日、県営野球場など2球場で2回戦6試合があった。

 鎮西学院は、今春の県大会8強のシード校長崎南山を終盤に逆転し、ベスト16進出。長崎西も清峰に先制を許したが7番高田の本塁打などで逆転勝利した。

 NHK杯準優勝の海星と、春の県大会8強の長崎日大のシード2校はともに7回コールド勝ち。小浜と佐世保実も3回戦へ進んだ。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]