大分 初の“夢舞台”へ 九回2死から同点 延長戦で明豊破る

逆転勝ちで決勝戦を制し、応援席に駆けだす大分の選手たち

 第96回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は最終日の24日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで決勝戦があった。大分が延長の末、明豊を6-5で破って優勝。春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]