【19日】明豊、宇佐、杵築、鶴崎工がベスト8

【臼杵―宇佐】8回裏、スクイズを成功させた宇佐の田辺
【臼杵―宇佐】8回裏、スクイズを成功させた宇佐の田辺
写真を見る

 第97回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は10日目の19日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで3回戦4試合があり、明豊、宇佐、杵築、鶴崎工が準々決勝進出を決めた。

 第1試合は三回に4点を挙げた明豊が優位に進め、粘る日田林工に勝利。第2試合は宇佐が13安打の猛攻に犠打も絡め、臼杵投手陣から8点を奪って勝ち進んだ。第3試合は杵築の先発松原が3点を失ったものの力投し、大分鶴崎に完投勝利。第4試合は鶴崎工が八、九回に1点ずつ追加し、大分東明を振り切った。

=2015/07/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]