明豊が延長戦制し3回戦へ 大分南、津久見は2回戦進出

 第100回全国高校野球選手権大分大会は12日、大分市の別大興産スタジアムで1回戦2試合と2回戦1試合があり、大分南、津久見が2回戦に進出。連覇を目指す第1シードの明豊が3回戦へ駒を進めた。

 大分南は序盤に4得点して主導権を握り、粘る由布を振り切った。津久見は12安打の猛攻で中津北にコールド勝ち。明豊と大分工の試合は延長にもつれ込む熱戦となり、明豊が延長十一回に1点を挙げて辛勝した。

=2018/07/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]