日田林工サヨナラ勝ち 大分商、日田三隈も3回戦へ

【大分西-日田林工】7回裏、岩下の三塁打で生還し、ハイタッチする日田林工の跡田
【大分西-日田林工】7回裏、岩下の三塁打で生還し、ハイタッチする日田林工の跡田
写真を見る

 第100回全国高校野球選手権大分大会は13日、大分市の別大興産スタジアムで2回戦3試合が行われた。2試合がサヨナラゲームとなるなど熱戦が繰り広げられ、大分商、日田林工、日田三隈が3回戦に勝ち進んだ。

 大分商は、同点で迎えた九回裏に4番の甲斐が中犠飛を放って決勝点を挙げ、楊志館を破った。第3シードの日田林工は同点に追い付かれた九回の裏に、安打などで満塁と攻め立て、押し出し四球で大分西に競り勝った。日田三隈は初回と終盤に大量得点し、七回コールドで双国・宇佐産を下した。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]