藤蔭ナイン、日田市長に結果報告 「またあの舞台に立つ」

原田啓介市長(右)に甲子園の感想を述べる藤蔭高の選手たち
原田啓介市長(右)に甲子園の感想を述べる藤蔭高の選手たち
写真を見る

 第100回全国高校野球選手権大会(兵庫県・甲子園球場)に県代表として出場した日田市の藤蔭高野球部員たちが10日、市役所を訪れ、原田啓介市長らに大会の結果を報告。今後のさらなる飛躍を誓った。

 藤蔭高は開幕戦で強豪の星稜(石川)と対戦し4-9で敗れた。石井潔校長は「校歌は歌えなかったが生徒たちは精いっぱい頑張った。次は甲子園で勝てるチームづくりを考え、取り組んでいく」と述べた。

 熊懐郁祐(くまだきゆうすけ)主将は「あんなに多くの人の中で試合ができたのは人生の宝物」。2年生部員たちも「先輩方のおかげで得られたこの貴重な経験を、同級生や1年生に伝え、またあの舞台に立てるよう頑張る」と力強く語った。

 原田市長は「本当に感動的な試合をありがとう。一生に二度とないような今回の経験を人生の糧に、3年生は新たな夢に向かって頑張ってほしい。1、2年生たちもこの流れを止めずに次の夢を見せて」と話していた。

=2018/08/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]