佐賀工シード下す 鹿島も勝ち4強そろう

【鹿島-鳥栖商】2回表1死一、三塁、鹿島の9番山口がスクイズを決め、三走久島が生還
【鹿島-鳥栖商】2回表1死一、三塁、鹿島の9番山口がスクイズを決め、三走久島が生還
写真を見る

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会は19日、準々決勝2試合が佐賀市のみどりの森県営球場であり、佐賀工と鹿島が準決勝進出を決めた。

 佐賀工はシード校の佐賀学園と投手戦を展開、相手打線を3安打に抑えて先制点を守った。鹿島はエース福島の粘投と、犠打を絡めた機動力のある攻撃で鳥栖商を4-2で下した。

 19日までに準々決勝が全て終了した。4強の残り2校は早稲田佐賀と鳥栖。準決勝2試合は、早稲田佐賀-佐賀工と鳥栖-鹿島の対戦が同球場で22日に行われる。

=2017/07/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]