早稲田佐賀、初戦必勝誓う 甲子園3日目、九州勢対決に

健闘を誓う早稲田佐賀ナイン
健闘を誓う早稲田佐賀ナイン
写真を見る

 第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が4日、大阪市内であり、春夏通じて初出場の早稲田佐賀は、大会3日目(9日)の第4試合で宮崎県代表の聖心ウルスラ学園と戦うことが決まった。

 早稲田佐賀の古賀一則監督は「相手もノーシードで勝ち上がり、勢いのある印象。九州勢同士、はつらつとしたプレーをしたい」と話した。占部晃太朗主将は「先攻して自分たちのペースに持っていく野球でしっかり初戦に勝ちたい」と意気込んだ。

 聖心ウルスラ学園は12年ぶり2回目の出場。強打線が持ち味で、投手陣は140キロ台の直球が武器のエース戸郷翔征投手(2年)など2年生の3投手が軸。聖心ウルスラ学園の小田原斉監督は「左腕の投手が良いと聞いているので、しっかり対応できるよう頑張る」と話した。

=2017/08/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]