九州地区高校野球大会

野球、明徳義塾が2度目の優勝 決勝は道都大―日体大に

2017年11月14日 19時22分
 創成館を下して36年ぶり2度目の優勝を果たし、喜ぶ明徳義塾ナイン=神宮

 第48回明治神宮野球大会第5日は14日、神宮球場で高校の部の決勝が行われ、明徳義塾(四国)が創成館(九州)を4―0で下し、1981年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。四国地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得し、同地区の枠は4となった。準決勝の大学の部は星槎道都大(北海道)と日体大(関東1)が決勝に進出した。

>> 続きを読む