九共大ライバル九産大下す 島内→久保拓「ドラフトリレー」 九州大学野球27日決勝

延長10回1死一、二塁、左前にサヨナラ打を放ち、ガッツポーズする九共大・田村
延長10回1死一、二塁、左前にサヨナラ打を放ち、ガッツポーズする九共大・田村
写真を見る

 第25回九州大学野球選手権(西日本新聞社など後援)は26日、福岡市のヤフオクドームで決勝トーナメントの準決勝2試合が行われた。日本文理大(九州地区1位)は2番手で登板したエース左腕清松紳也(4年・龍谷)の力投で、西南大(九州六大学1位)を3-2で破り、2年ぶりの決勝進出を果たした。昨年優勝の九共大(福岡六大学1位)は九産大(同2位)に延長10回、6-5でサヨナラ勝ちした。決勝は27日午前10時から同ドームで行われ、優勝校が明治神宮大会(11月9日開幕、神宮)出場権を得る。

 九共大が福六のライバル九産大に鮮やかなサヨナラ勝ちだ。10回1死一、二塁、代打田村航汰(2年・東海大福岡)が左前へサヨナラ打。リーグ戦でも代打出場が多かった田村は5回すぎからバットを振って準備し「相手の失投を逃さないように」ときっちり仕事を果たした。

 投げては前日の25日のドラフト会議で広島から2位指名を受けた島内颯太郎(4年・光陵)からヤクルト7位の久保拓真(同・自由ケ丘)の「ドラフトリレー」だった。先発の島内は7回を5失点。7四球と制球に苦しみ「全然駄目だった」と厳しい表情だった。故障明けで9月16日の日経大2回戦以来のマウンドとなった久保拓は3回で4四球を出しながら無失点でしのいだ。

 2年連続となる決勝で日本文理大と対戦。「自分の役目をしっかり果たして神宮に行きたい」と久保拓は意気込んだ。 (前田泰子)

   ◇    ◇

九産大、福森耀「力の差」 岩城「社会人で成長を」

 九産大は延長10回の接戦の末、2014年以来の明治神宮大会出場を逃した。3回途中から2番手で登板した福森耀は10回にサヨナラ打を浴び「最後は力の差で負けてしまった」と目を赤くした。プロ志望届を出したがドラフト会議で指名がなかった主砲の岩城は4打数1安打で大学野球を終えた。「社会人で2年間頑張って成長したい」と2年後のプロ入りを見据えた。

=2018/10/27付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]