長崎西、1点差に泣く 高校バスケットウインターカップ

【長崎西‐日大山形】2回戦で敗退、悔しそうに引き揚げる長崎西の選手たち
【長崎西‐日大山形】2回戦で敗退、悔しそうに引き揚げる長崎西の選手たち
写真を見る

 初戦敗退の長崎西は1点に泣いた。日大山形との2回戦、1点を追う最終Qの残り約5秒。この試合で両チーム最多の26点を挙げていたエース岩本(3年)がゾーン右から逆転の2点シュートを放ったが、惜しくも外れ65-66で競り負けた。岩本は「決められなかった自分の力不足。本当に悔しい」とうなだれ、主将の井手(3年)も「何とか勝ちたかった」と、ともに目に涙を浮かべた。

=2017/12/26付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]