2019年ラグビーW杯盛り上げへスクラム ロゴ入りナンバープレート装着PR

ラグビーW杯特別仕様のナンバープレートを装着した公用車の前に立つ小川洋知事(右から3人目)やカーン・ヘスケス(同5人目)、ティモシー・ラファエレ(同2人目)
ラグビーW杯特別仕様のナンバープレートを装着した公用車の前に立つ小川洋知事(右から3人目)やカーン・ヘスケス(同5人目)、ティモシー・ラファエレ(同2人目)
写真を見る

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の福岡県内開催を盛り上げようと、県と県議会の公用車計13台に大会のロゴマークが入った特別仕様のナンバープレートが装着され、お披露目式が18日、県庁であった。ラグビートップリーグ、宗像サニックスのカーン・ヘスケスとコカ・コーラのティモシー・ラファエレもゲストで参加し、県民に装着をPRした。

 小川洋知事は「大会の成功に向けて、機運を醸成していきたい」とアピール。W杯に向けて、ヘスケスは「前回は予選敗退で終わったので、今度は次のステージに行きたい」と意気込み、ラファエレは「日本戦だけでなく、他の強豪国の試合も応援してほしい」と呼び掛けた。

 特別仕様のナンバープレートは、国土交通省が4月から交付。料金は地域で異なり、県内は8600円(取り付け費は別)。購入は専用ウェブサイトなどで受け付けている。九州運輸局によると、県内の申し込み件数は今月11日時点で1349件。 (北島剛)

=2017/05/20付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]