東福岡連覇の敵は「油断」 藤田監督“お小言”「整理整頓しろ」 全国高校ラグビー

初戦前日の練習で汗を流す東福岡の選手たち
初戦前日の練習で汗を流す東福岡の選手たち
写真を見る

 第97回全国高校ラグビー大会は30日、東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、シード13校が登場する。29日は各校とも調整を行い、2連覇を狙うAシードの東福岡は昌平(埼玉)との初戦を前に、神戸市内で軽めの練習。藤田雄一郎監督は訓示で集中力を高めた。奈良市内で調整したBシードの佐賀工は高校日本代表候補のプロップ石川大貴(3年)が「FWには自信がある」と明言。目標の4強以上に向けて気合を入れた。

■心身の準備万端

 東福岡のフィフティーンがアップを終え、全体練習に入る直前、円陣が組まれた。初戦を前にゲームプランの最終確認かと思いきや、福井翔大主将(3年)によると「日常生活からちゃんとしろ」という藤田監督からの“お小言”だった。

 「ちょっとした忘れ物とか、バッグがそろっていないとか、整理整頓ですね。そういうところがきちんとしていないと、足をすくわれますから」

 そう明かしたナンバー8の福井主将もパナソニックとプロ契約を結ぶなど、11人の高校日本代表候補を擁するタレント集団の敵は“油断”だけ。神戸市内で行われた1時間半の練習も、パスをインターセプトされたり、ゴール前まで攻め込みながらターンオーバーされたりする「最悪の事態を想定」と福井主将。連覇へ心身ともに準備万端だ。 (喜瀬雅則)

=2017/12/30付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]