田沢が5年連続50試合登板 米大リーグ、青木は2二塁打

 ブルワーズ戦の6回途中から登板し、1/3回を1安打無失点のマーリンズ・田沢=ミルウォーキー(共同)
ブルワーズ戦の6回途中から登板し、1/3回を1安打無失点のマーリンズ・田沢=ミルウォーキー(共同)
写真を見る
 ブレーブス戦の7回、この日2本目の二塁打を放つメッツ・青木=アトランタ(AP=共同)
ブレーブス戦の7回、この日2本目の二塁打を放つメッツ・青木=アトランタ(AP=共同)
写真を見る

 【ミルウォーキー共同】米大リーグは16日、各地で行われ、マーリンズの田沢はミルウォーキーでのブルワーズ戦に6―3の六回2死一塁で登板し、日本投手初の5年連続50試合登板を果たした。結果は1/3回を1安打無失点、1四球で4試合連続無失点とした。

 同僚のイチローは六回に代打で空振り三振に倒れた。チームは7―4で勝ち、6連敗でストップした。

 メッツの青木はブレーブス戦に「1番・右翼」でフル出場し、二塁打を2本放って5打数2安打、2得点で、3試合ぶりに安打をマークした。チームは7―3で勝ち、連敗を5で止めた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]