米大リーグ、投球間の時間計測へ オープン戦で、20秒以内に

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナー
米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナー
写真を見る

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーが17日、今年のオープン戦で投球間の時間を計測する「ピッチクロック」を試験的に導入すると明らかにした。AP通信が報じた。

 制限時間は20秒以内に設定し、超えても罰則を適用しない。MLBは試合時間短縮を目指し、投球間隔の制限を提案しているが、選手会は難色を示している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]