大リーグ、大谷は打撃・投手練習 田沢は1回無失点

 練習で笑顔を見せるエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
練習で笑顔を見せるエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
写真を見る
 バットを手に施設を移動するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
バットを手に施設を移動するエンゼルス・大谷=テンピ(共同)
写真を見る

 【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは17日、各地でキャンプが行われ、昨年10月の右肘手術の影響で今季は打者に専念するエンゼルスの大谷がアリゾナ州テンピで術後初めて上手から投げられた球を打ち込んだ。トス、ティー打撃と同様に10球をこなした。

 投手練習では最長15メートルの距離で最多の76球を投げた。

 カブスとマイナー契約の田沢はロッキーズとのオープン戦で2―7の九回に6番手で登板し、1回を1安打無失点、2三振だった。チームはそのまま敗れた。同僚のダルビッシュは24球の投球練習を行った。

 ドジャースの前田はブルペンで14球を投げた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]