イチ引退会見でも雄星いじり 来日時「大物」秘話を暴露

記者会見で現役引退を表明したマリナーズ・イチロー=22日未明、都内のホテル
記者会見で現役引退を表明したマリナーズ・イチロー=22日未明、都内のホテル
写真を見る

 マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、開幕2戦目のアスレチックス戦(東京ドーム)後に東京都内のホテルで記者会見し、引退を表明した。その試合では先発・菊池雄星投手(27)がメジャーデビュー。後輩への思いを、会見の中でイチロー節全開で語った。

 8回に交代すると、ベンチ前でチームメート全員の出迎えを受けた。その中で、菊池は大泣き。「号泣中の号泣でしょアイツ。いやもうビックリしましたよ。それ見てこっちはちょっと笑けました」と大笑いした。

 そこでの会話については「それはプライベートなんで」と語らず「雄星がお伝えするのは構わないけど、僕がお伝えすることではない。2人の会話。しかも僕から声を掛けている。それをここで僕が『こんなこと言いました』ってバカですよね。絶対信頼されないもんね、そんな人間は」と伏せた。

 菊池の初登板の日に、自身が引退を迎えたことは「何かいいなぁ」と思っているという。「もう、ちゃんとやれよっていう思い」と今後に期待を寄せた上で「短い時間でしたけど、すごくいい子。いろんな選手、見てきたんですけど、左ピッチャーの先発って、変わってる子が多い。天才肌が多いっていう言い方もできる」と続け、キャンプ地の米アリゾナ州から日本へ移動した際のエピソードを紹介した。

 チームのドレスコードがあり、長旅の負担への配慮から「黒のジャージーのセットアップでOK」となっていたという。「雄星、俺たちどうする? アリゾナを発つときはいいけど、日本に着いたときに、さすがにジャージはダメだろ?」と話していた。

 「イチローさんどうするんですか?」と聞く菊池に「中はTシャツだけど、セットアップで、一応ジャケット着ようかな」と自身のスタイルを教えると「じゃあ僕もそうしようかな」と返答があったという。

 出発当日、キャンプ地から空港へ向かうバスの中でも、近くの席に座っていた菊池と「雄星、これ(ジャージー)やっぱ、ダメだよなあ。日本に着いたときにメジャーリーガー、これダメだろ」「そうですよね」という会話があった。

 ところが「まさかのアイツ、羽田(空港)着いたとき、黒のジャージでしたから。コイツ、大物だなと思って。ぶったまげましたね」とまくしたてた。「本人に真相はまだ聞いてないですけど。やっぱ左ピッチャーは変わったやつ多いなと思った」と続けた上で「でもそのスケール感は出てました。頑張ってほしい」とエールの形で締めくくった。

=2019/03/22 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]