全パ7―6全セ(13日) 全パが打ち合い制す

 6回全パ1死一、二塁、山川が中前に適時打を放つ=京セラドーム
6回全パ1死一、二塁、山川が中前に適時打を放つ=京セラドーム
写真を見る

 両チームで計5本塁打が出た打ち合いを全パが制した。一回に秋山の先頭打者本塁打、森(西武)の3ランなどで5点を先行。菊池、山本で計3本塁打を浴びて三回に追い付かれたが、六回に代打デスパイネと山川の適時打で2点を勝ち越した。

 全セは先発の松坂が1回5失点と乱れた。新人の東は力強い直球で2回無失点と好投した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]