ヤクルト寺原「恩返ししたい」 入団会見で抱負語る

 ヤクルトの入団記者会見を終え、ポーズをとる寺原=10日、東京都港区の球団事務所
ヤクルトの入団記者会見を終え、ポーズをとる寺原=10日、東京都港区の球団事務所
写真を見る

 ヤクルトに入団が決まった寺原隼人投手(35)が10日、東京都内の球団事務所で記者会見し「チャンスをもらったので恩返しをしたい」と抱負を語った。背番号は35に決まった。

 今季はソフトバンクで主に中継ぎで21試合に登板し、0勝0敗、防御率2・39で、オフに戦力外通告を受けた。先発、中継ぎと経験は豊富で「経験をフル活用したい」と意気込んだ。

 2002年に宮崎・日南学園高からドラフト1巡目でダイエー(現ソフトバンク)に入団。横浜(現DeNA)、オリックスを経て13年にソフトバンクに復帰していた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]