大阪桐蔭の根尾、藤原が始球式 NPB12球団ジュニア大会

 NPB12球団ジュニアトーナメントの開会式で、スピーチする大阪桐蔭高の根尾昂内野手(左)と藤原恭大外野手=27日午前、札幌ドーム
NPB12球団ジュニアトーナメントの開会式で、スピーチする大阪桐蔭高の根尾昂内野手(左)と藤原恭大外野手=27日午前、札幌ドーム
写真を見る

 中日とロッテからそれぞれドラフト1位指名を受けた大阪桐蔭高の根尾昂内野手と藤原恭大外野手が27日、札幌ドームで行われたNPB12球団ジュニアトーナメントの開会式で始球式を務めた。根尾は「この大会を通じて、もっとやらないといけないと思った。目標を立てて達成していってほしい」と笑顔で話した。

 ジュニアトーナメントは12球団が小学5、6年生でチームを編成して優勝を争う軟式野球大会。根尾は中日ジュニア、藤原はオリックス・ジュニアの一員として小学生時代に2012年の大会に出場した。当時、ホームランを放った藤原は「いい経験だった」と懐かしそうに話した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]