ロッテ藤原、新人合同練習に参加 「体にこたえた」

 打撃練習するロッテドラフト1位の藤原=さいたま市
打撃練習するロッテドラフト1位の藤原=さいたま市
写真を見る

 ロッテのドラフト1位ルーキー藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)は10日、さいたま市のロッテ浦和球場で、新人の全選手が参加してスタートした合同練習で基礎体力づくりに励んだ。午前9時からみっちりメニューをこなし「初めてのことで、体にもすごくこたえた」と充実した表情で話した。

 12分間走では一時最下位に沈んだが、終盤の追い上げで5人を抜き、4位でフィニッシュ。長距離走は苦手と言いながらも「さすがにビリは駄目だと思って、ペースを上げた」とはにかんだ。

 井口資仁監督は「2月1日から紅白戦をやるのでスタートラインは一緒。一人でも1軍で活躍する選手が出てほしい」と期待した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]