西武の秋山、200安打に意欲 3番でも大台乗せる

 打撃練習する西武の秋山=静岡県下田市
打撃練習する西武の秋山=静岡県下田市
写真を見る

 西武の秋山翔吾外野手は11日、静岡県下田市で練習を公開し、2015年以来のシーズン200安打到達に意欲を示した。今季はフリーエージェント(FA)で楽天に移籍した浅村栄斗内野手に代わって3番を務める可能性がある。「置かれたポジションに応える用意はある。3番だからといって200安打が打てないわけではない」と力強く話した。

 後輩選手に加え、女子プロ野球の選手も練習に参加した。「30歳になったので、よりフィジカルは意識しないと」と、砂浜でのダッシュなどで時間をかけて走り込み、打撃練習では他の選手を熱心に指導していた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]