ラミレス監督、日本国籍取得 プロ野球DeNA

 アレックス・ラミレス監督
アレックス・ラミレス監督
写真を見る

 プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が日本国籍を取得したことが24日、分かった。23日付の官報で告示された。昨年1月に申請中であることを公表したが、提出書類の不備で取得が遅れていた。

 ベネズエラ出身で米大リーグ、インディアンスなどを経て2001年にヤクルトに入団し、08年から巨人、12年からDeNAで主軸として活躍。13年に外国人選手初の通算2千安打を達成した。独立リーグでプレーした14年を最後に現役を引退し、15年に日本人女性と結婚。16年からDeNAの監督を務め、将来的に日本代表監督の就任にも意欲を示している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]