南北首脳級が会談 金正恩氏の妹も、親書伝達か

 韓国大統領府で会談する文在寅大統領(右手前から3人目)と北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(左手前から3人目)、金与正氏(同2人目)=10日(聯合=共同)
韓国大統領府で会談する文在寅大統領(右手前から3人目)と北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(左手前から3人目)、金与正氏(同2人目)=10日(聯合=共同)
写真を見る

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は10日、ソウルの大統領府で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正・党第1副部長や、対外的に国家元首の役割を担う金永南・最高人民会議常任委員長ら高官代表団と会談した。韓国メディアによると、韓国大統領が北朝鮮高官と会談するのは2009年8月以来。与正氏は正恩氏に直言できる唯一の存在とも言われる。正恩氏の親書を渡したり、文氏の訪朝を要請したりするとの観測も出ている。

 大統領府関係者によると、文氏は与正氏が五輪開会式に出席したことについて「寒い中お疲れさまでした」と声をかけ、与正氏は「気遣いのおかげで大丈夫でした」と応じた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]