「金日成仮面」と韓国報道で混乱 アイスホッケー北朝鮮応援団で

 アイスホッケー女子の南北合同チームの試合で、男性のお面をかぶって歌う北朝鮮応援団=10日、江陵(共同)
アイスホッケー女子の南北合同チームの試合で、男性のお面をかぶって歌う北朝鮮応援団=10日、江陵(共同)
写真を見る

 【平昌共同】平昌冬季五輪アイスホッケー女子の南北合同チームが10日出場した試合の会場で、北朝鮮応援団が男性のお面をかぶって歌う場面があり、韓国の一部メディアが「故金日成主席の仮面」と伝えた。韓国統一省は11日、北朝鮮側への照会結果などを基に「誤った推定報道」と否定。報じたメディアはサイトから記事を削除したが、野党議員が記事に基づき文在寅政権を批判するなど混乱が広がった。

 お面の正体は、男性の片思いを描いた北朝鮮の歌謡曲「フィパラム(口笛)」を歌う際、男性役を演じるために使う「美男子仮面」との説が有力だ。

ボートレース 直前チェック予想 これを買え!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]