パラ入場券は冬季最多32万枚超 IPC、ソチ大会上回る

 【平昌共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は13日、平昌冬季パラリンピックの入場券の販売枚数が12日終了時点で冬季大会の過去最多となる32万531枚に達したと発表した。前回ソチ大会の31万6200枚を上回った。2006年トリノ大会の16万2974枚の約2倍としている。

 IPCによると、12日に行われた車いすカーリングの韓国―カナダが86%、10日のパラアイスホッケーの韓国―日本が82%の観客が集まって好調だった。一方で企業や団体の購入が実際の来場に結び付かず、会場によって空席が目立つ問題が指摘されている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]