竹沢がV最短も激戦

2016年6月 3日 カテゴリー:

4日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪の「オッズパーク杯」の2日目は準決勝をメインに展開。5Rは、小林史也(和歌山)が打鐘先行から押し切り。6Rは、竹沢浩司(富山)がBS5番手捲りで初日特選に続く連勝。7Rは、佐藤幸治(長崎)が4番手から捲り上げて直線で大外を強襲し1着。最終日の7R決勝は、好調な選手がそろって激戦。富山連係で笹倉慎也を目標に得た竹沢のVに期待したが、佐藤や小林の逆転も魅力だ。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]