総合力で勝る上田を本命視

2016年11月 9日 カテゴリー:

 10日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪「DMM競輪杯」の2日目は準決をメインに展開。5Rは、簗田一輝―渡辺藤男が鐘3半から大沢哉太をカマシて押し切り。6Rは、逃げる表原周の3番手をキープした上田隼が、2番手の阿部功を内から飛ばして強襲。7Rは、月森亮輔―内村泰三の3番手に切り替えた竹内公亮がG前で一気に突き抜けた。隊列が細分化する最終日の決勝7Rは、上田の総力戦に期待。

バックナンバー

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]