小田倉が捲りで特選を制す

2016年11月14日 カテゴリー:

 15日(2日目)
 「チャリロト杯」が14日に開幕した。初日メインの7R特選は、金山栄治の打鐘先行を、小田倉勇二が1角5番手捲りで粉砕。マークの堀政美が2着に続き、3着は直線で外を伸びた小原将通。予選組は利根正明が5Rを、竹内翼が6Rを打鐘すぎのカマシで快勝。ともに圧倒的人気に白星で応えた。2日目は優出を懸けて準決3番が争われる。それぞれの本命は5Rが好永晃、6Rが小原、7Rが竹内だ。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]