新人・門田が止まらない/ミッドナイトF2

2017年8月21日 カテゴリー:
快進撃を続ける111期のルーキー門田凌(愛媛)

 22日(最終日)
 小倉ミッドナイト競輪「Kドリームス杯」は、準決3番をメインに展開。その最初の5Rは、菅原大也の先行をBS5番手から倉野隆太郎が捲って1着。6Rは赤板から飛び出した門田凌が、3番手から叩く魚屋周成を突っ張ると、緑川修平にも捲られることなく押し切り。7Rは3番手を取った大野悟郎が、BS手前から笠松将太を捲って快勝した。最終日のハイライト7R決勝は自力型が4車もそろって乱戦ムードも、デビューから負けなしの門田が12連勝で1、2班戦初Vを決めるとみた。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]