地元北津留翼が決勝入り/GⅠ競輪祭

2017年11月25日 カテゴリー:

 小倉競輪のG1第59回競輪祭は26日、いよいよ最終日。12Rで競輪王の称号を懸けた決勝戦を争う。25日の準決勝で、地元北津留翼が懸命の捲りで白星を挙げ、決勝進出に成功。ゴール後はスタンドの大喝采を浴びた。その他、前回覇者の平原康多や、賞金トップの新田祐大、金子貴志-深谷知広の師弟コンビらが決勝進出を果たした。昨年のグランプリ覇者・村上義弘は準決で敗退し、今年はグランプリ行きを逃した。

バックナンバー

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]